アパート経営をする前に行うべきこと

儲かるアパート経営

自分が何もしなくても収入が入ってくるといった理想の収入源確保をする人たちが増えてきています。事業内容として多いのがマンションやアパート経営です。ですがアパートやマンションを購入したからといって必ずしも儲かるわけではありません。マンションやアパート経営をするにあたってどうすれば儲かるのかということをご説明させていただきます。
マンションやアパートを購入した際普通の人なら入居者の集い、購入資金や毎月の光熱費等を差し引いた金額、マンションにかかる税金等を差し引いた金額それを入居ができる部屋数で割ったものが家賃となるのです。その際に高すぎず安すぎない家賃をつけるオーナーがほとんどです。高すぎても入居者が集まらない、安すぎても儲けにならないといったどちらにもメリットデメリットがあるのです。
ですがマンションやアパートの経営で儲かるために必要な事は、できる限りの無駄を省く入居者皆に使用する階段などの電気をこまめに消す、空室がないように常に入居者がこのマンションやアパートに住みたいというアパートにしておくといったことが大切になってきます。空室がないと言う事は無駄なく収入を得ることができていると言う証拠になり、その際に家賃を引き上げることなくどのようにして収益を上げるのかということを考えなくてはなりません。徹底的に無駄を省くことが儲けを上げるための第一歩となるのです。

アパート経営で老後も安心

少子高齢が進んだ現在、将来の年金に対する不安を多くの人たちが抱いています。年金の支給開始年齢の引き上げや支給額の引き下げなどが将来的に起こり得る現状ですが、そういった空気の中で高齢者を中心として人気を集めているのがアパート経営です。アパート経営は安定した家賃収入が期待できるため、高齢者の方が特に仕事をせずとも老後の生活資金を稼ぎ出すことができるというのが大きなメリットとなっています。
また、アパート経営は高齢者の方だけにメリットがあるわけではありません。まだ現役として働いている人にとって貴重な副収入源となるのです。たとえば、会社員の方が本業以外に収入が欲しいという場合、仕事が終わった後にアルバイトやパートをするという手段もありますが、このような生活を長年続けたとしたら体力的にも精神的にもかなりハードで体調を壊すことになりかねません。
それに対してアパート経営ではアルバイトやパートのように身体を酷使することなく、手間をかけずに副収入を得ることができるのです。ただし、アパート経営にはそれなりのリスクもあり必ずしもすべての人が期待通りの収入を得られると決まっているわけではありません。そのため、アパート経営を始めるにあたっては事前の勉強は怠らないようにしましょう。

カテゴリ

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新情報

2017年08月23日
アパート経営をする上で得することを更新。
2017年08月23日
失敗しないアパート経営とはを更新。
2017年08月23日
アパート経営をする前に行うべきことを更新。
2017年08月23日
アパート経営のメリットを知る事から始めようを更新。